ITパスポート 試験情報&徹底解説

HOME
サイトマップ リンク お問い合わせ

ITパスポート試験.comは、ITパスポート資格取得を目指している方への試験情報の提供や、短期合格へのサポートを目的としたサイトです。 4/17 28年春期公開問題がアップされました。

新着情報

9月25日

掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者:合格しました!さん
タイトル「ポニョ部長さんありがとうございました[1088]」 総投稿数:1

9月7日

初級シスアド平成20年秋期の解説をアップしました。
 初級シスアド20年秋期問題

9月3日

予想問題1の解説見直し、及び解説が無かったすべての問題について解説をアップしました。 オリジナル予想問題1

7月20日

利用者ごとにサイト全体のアニメーション効果のON/OFFを切り替えできるようになりました。画面描画が重いと感じている方や時間が惜しい方はぜひお試しください。この設定はページフッター部リンクの「このサイトに利用について」→ページ中ほどの「JavaScriptについて」の所で行うことができます。

6月20日

過去問道場に模擬試験モードを追加しました。

5月28日

28年春期公開問題の解説が収録されたITパスポート試験の平成28年度秋期版問題集の発売予定日が出揃ってきたので報告しておきます。
平成28年【下半期】 ITパスポートパーフェクトラーニング過去問題集(6/16発売)
かんたん合格 ITパスポート過去問題集 平成28年度秋期(6/17発売)

ITパスポート 過去問一問一答

A社の内部監査人が同社の事業継続計画(BCP)についてシステム監査を行った。システム監査の指摘事項として,コンピュータ電源のバックアップ対策において,システム運用部門が管理する無停電電源装置のバッテリーに一部劣化が生じていることが挙げられた。この指摘事項に対して改善を行う責任者は誰か。
  • システム運用部門長
  • システム開発の責任者
  • 内部監査人
  • 無停電電源装置を購入した購買部門長

ピックアップキーワード

キャッシュメモリ【Cache Memory】
主記憶とは異なる半導体(SRAM)を使用した非常に高速にアクセスできるメモリ。
主記憶は補助記憶と比べると高速だがCPUと比較すると随分動作が遅く、この速度差からCPUが主記憶にアクセスしている間はCPUに待ち時間が生じ、処理効率の低下を招いてしまう。キャッシュメモリは、CPUと主記憶の速度差を埋め、CPUの処理効率を向上させる目的でコンピュータに搭載される。

ITパスポート最新情報

11月31日

IPAのプレス発表にてITパスポート試験の出題構成の見直しが発表されました。変更内容は、
1.中問を廃止して、その分の16問を小問での出題に置き換える
2.試験時間を現行の165分より45分短い【120分】に短縮
の2点です。

11月25日

平成28年4月実施分より受験料が【5,700円】となることが発表されました。(600円値上がり)

10月18日

27秋の情報処理技術者試験開催に合わせてITパスポート試験の問題100問が公開されました。

4月19日

27春の情報処理技術者試験開催に合わせてITパスポート試験の問題100問が公開されました。

管理人のつぶやき

9/15 予てから、提供を模索していたITパスポート試験用語クイズをリリースすることができました。8月の上旬に開発に着手するも、WikipediaAPIの扱いにに手間取るなど悪戦苦闘の日々でしたがなんとか公開することができうれしいです。
このリリースはWebアプリが完成形ではなくスタートラインだと思っているので、機能を充実させて役に立つアプリに成長させたいですね。

ITパスポート試験.comのモットー

  • 経験から感じた攻略方法を解説
  • ITパスポートに徹底的にこだわる
  • 初心者にもわかりやすく
  • 目標はITパスポートのNo.1サイト
siteseartch.png

スマートフォン版