会計・財務 (全42問中14問目)

No.14

親会社が,子会社を含めた企業集団の一会計期間の収益と費用の状態を示した連結財務諸表はどれか。
  • 連結株主資本等変動計算書
  • 連結キャッシュフロー計算書
  • 連結損益計算書
  • 連結貸借対照表

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

連結財務諸表は、親会社と子会社など従属関係にある企業集団を単一の組織体とみなして、その企業集団の財政状態、経営成績、キャッシュフローの状況を総合的に報告する書類です。

連結財務諸表は、親会社が決算書を作成するときに株式を保有する子会社や関連会社などのグループ会社の業績を足し合わせて作成され、この時に単純に足し合わせるだけでなくグループ内での売上や掛取引を相殺して純粋なグループ全体の業績があらわれるように連結決算という帳簿上の処理をおこないます。
  • 連結株主資本等変動計算書は、連結貸借対照表のうち純資産の部がどのように変動したのかを表す財務諸表です。
  • 連結キャッシュフロー計算書は一会計期間のおける、現金の流入額を企業集団の活動別に計算した財務諸表です。
  • 正しい。連結損益計算書は、一会計期間に発生した収入と費用・利益の関係を表わす財務諸表です。
  • 連結貸借対照表は、決算日における資産と負債,純資産を対比して示すことによって,企業集団の財政状態を表す連結財務諸表です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop