会計・財務 (全42問中7問目)

No.7

商品の販売数が500個のときの営業利益は表のとおりである。販売単価を10%値下げしたとき,損益分岐点の売上高は何円か。ここで,商品1個当たりの変動費及び販売数は,販売単価の値下げの前後で変わらないものとする。
01.gif/image-size:210×150

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

損益分岐点売上高は、次の公式で計算することができます。

 損益分岐点=固定費÷(1−変動費率)
 変動費率=変動費÷売上高


販売単価を10%値下げると、当然ながら売上高が10%減少することになりますが、変動費は変わらないと設問にあるので、
  • 売上高=900,000×0.9=810,000
  • 変動費 324,000(変わらず)
  • 固定費  300,000(変わらず)
となります。この金額を基に損益分岐点売上高を計算します。

[変動費率]
 324,000÷810,000=0.4
[損益分岐点売上高]
 300,000÷(1−0.4)
=300,000÷0.6
=500,000

以上の計算で、値下げ後の損益分岐点は500,000円とわかります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop