情報に関する理論 (全9問中2問目)

No.2

ワイルドカードの"%"が0個以上の連続した任意の文字列を表し,"_"が任意の1文字を表すとき,文字列全体が"%イ%ン_"に一致するものはどれか。
  • アクセスポイント
  • イベントドリブン
  • クライアントサーバ
  • リバースエンジニアリング

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 情報に関する理論

正解

解説

まずワイルドカード表現を含む文字列の末尾"%イ%ン_"に着目します。"_"は、「任意の1文字を表す」ので、文字列の末尾が任意の1文字、末尾から2番目に"ン"の文字列が一致することになります。選択肢の中では「アクセスポイント」および「リバースエンジニアリング」が該当します。

次に"ン"の前に"イ"がある文字列を探しますが、「リバースエンジニアリング」には"イ"が含まれていないため、正解は「アクセスポイント」ということになります。"イ"と"ン"の間に文字がありませんが、"%"は「0個以上の連続した任意の文字列を表す」ので0文字の場合でもパターンに一致するのです。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop