サンプル問題1 問37

問37

社員の不正を抑止するための内部統制に当たるものはどれか。
  • 企業の情報セキュリティ方針をインターネットで公表する。
  • 作業の実施者と承認者を分ける。
  • 地域活性化に貢献するために,市町村の催しなどの後援企業となる。
  • 発覚した不祥事によって企業イメージが悪化することを避けるために,マスコミ対策をとる。

分類

マネジメント系 » システム監査 » 内部統制

正解

解説

内部統制とは、企業の健全な経営を実現するために、その組織の内部において適用されるルールや業務プロセスを整備し運用すること、またはその結果、確立されたシステムを指します。

内部統制においては、業務の担当者と承認者を分離するなど、それぞれの担当者間で適切に相互牽制を働かせることにより、業務の適正さを保つ組織体制を築くこと(職務分掌)が重要となります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop