オリジナル予想問題2 問58

問58

携帯電話のアドレス交換などデータ交換を行う場合に使用される,赤外線を用いて通信を行うインターフェイスはどれか。

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » 入出力デバイス

正解

解説

IrDA(Infrared Data Association)は、赤外線を使って無線通信をする技術で通信可能範囲は30 cm〜2 m程度と狭く、固い壁で隔てられた場所同士の通信は行えません。

携帯電話の赤外線通信機能で使われています。
  • 免許申請や使用登録の不要な2.4GHz帯の電波を用いて、数mから100m程度の距離の情報機器間で、電波を使い最大24Mbpsの無線通信を行う規格です。
    パソコン周辺機器の接続,ゲーム機,ハンズフリー通話,ヘッドフォンなどに幅広く普及してきています。
  • AV機器やコンピュータを接続する高速シリアルバス規格で、現在規格は3200Mbpsの通信が可能なように拡張されています。プラグ&プレイおよびホットプラグに対応しています。
  • 正しい。
  • 最大半径50kmの広範囲において最大75Mビット/秒の通信が可能であり、周波数帯域幅1.25MHz〜20MHzを使用するという特徴をもつ広帯域無線アクセス技術の一つです。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop