ITパスポート 平成21年秋期 問11

問11

インターネットなどのネットワークを介してコンピュータを利用する場合において,不正アクセス禁止法で禁止されている行為はどれか。
  • 他人のIDとパスワードを,本人の許可なく,その利用方法を知っている第三者に教えること
  • 他人のPC操作を盗み見るなどして,他人のIDとパスワードを入手すること
  • 本人の了解を得ることなく,他人のメールアドレスを第三者に教えること
  • 本人の了解を得ることなく,不正に他人のメールアドレスを入手すること

分類

ストラテジ系 » 法務 » セキュリティ関連法規

正解

解説

不正アクセス禁止法は、ネットワークに接続できる環境で、本人に許可なく他人のID・パスワードを使って認証が必要なページに接続することを禁止しています。

また本人の了解を得ることなく、他人のIDとパスワードの組合せを教える行為も処罰の対象となっています。
  • 正しい。
  • ソーシャルエンジニアリングの手口、「覗き見」です。
  • 不正アクセス禁止法で禁止されている行為ではありません。
  • 不正アクセス禁止法で禁止されている行為ではありません。
 
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop