ITパスポート 平成21年秋期 問60

問60

(この問題は出題ミスにより正解がない没問となっています。)

“甘味”,“うま味”,“塩味”,“酸味”,“苦味”の5種類の味覚を,6ビット(2進数で6けた)の数値で符号化する。これらを組み合わせた複合味を,数値の加減算で表現できるようにしたい。例えば,“甘味”と“酸味”を組み合わせた“甘酸っぱい”という複合味の符号を,それぞれの数値を加算して表現するとともに,逆に“甘酸っぱい”から“甘味”成分を取り除いた“酸味”を減算で表現できるようにしたい。味覚の符号として,適切なものはどれか。

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 情報に関する理論

正解

正解なし(没問)

解説

コンピュータの世界では、ビットフラグ(Bit Flag)というものがあり、各ビットに一つの特性を割り当てそのビットが1か0であるかで、その特性を持っているかどうかを表します。
  • "酸味"と、"うま味+塩味"の区別がつきません。(000011)
  • "塩味"と、"甘味+うま味"の区別がつきません。(000011)
  • 各ビットごとに独立して、味覚を表わしているので複合味も正しく表わせます。
  • 各味覚を表わすのに複数ビットを使っていますが、演算をしてみるとこれも正しく表わすことができます。
出題者としては「ウ」を正解にしようという意図があったと思いますが、実際には「エ」の方式でも判別可能な符号付けとなるので「エ」でも正解です。この問題は、IPAから正解が2つある出題ミスであることがも発表され全員を正解とする措置がとられました。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop