ITパスポート 平成21年春期 問65

問65

フェールセーフの説明として,適切なものはどれか。
  • 故障や操作ミスが発生しても,安全が保てるようにしておく。
  • 障害が発生した際に,正常な部分だけを動作させ,全体に支障を来さないようにする。
  • 組織内のコンピュータネットワークに外部から侵入されるのを防ぐ。
  • 特定の条件に合致するデータだけをシステムに受け入れる。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

フェールセーフは、障害が発生した場合にその影響が及ぶ範囲を最小限にして、システムの安全保った上でシステムを停止し、安全性を高める仕組みのことです。

例えば工場のロボットの動作範囲内に人間が入った場合、ロボットはセンサーで危険を察知し機械を停止します。これがフェールセーフの考え方です。
  • 正しい。
  • フェールソフトの考え方です。
  • ネットワークからの不正なアクセスを防ぐファイアウォールの説明です。
  • システムに異常なデータが入力されるのを防ぐ入力チェックの説明です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop