ITパスポート 平成25年秋期 問14

問14

ビジネス戦略上の重要成功要因として"販売の機会損失の低減"が設定されたとき,この重要成功要因の達成度を評価するのに最も適切な指標はどれか。
  • 売上債権回転期間
  • 売上高利益率
  • 欠品率
  • 新規顧客獲得数

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

機会損失とは、購入側に買う意思があり、販売する側にも売る意思があったにもかかわらず、在庫切れや機械の故障などの理由で売買契約に至らず利益を逃してしまうことで間接的に生じる費用(概念)です。

目的が"販売の機会損失の低減"なので、そのビジネスプロセスの達成状況を評価する指標としては「欠品率」が適切です。
重要成功要因(CSF:Critical Success Factor)
経営戦略やITガバナンスなどを計画的に実施する際、その目標・目的を達成する上で決定的な影響を与える要因のことで、重点的に資源を投下して取り組むべき重要な目標を意味する。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop