ITパスポート 平成25年春期 問9

問9

製品Aの生産及び販売に必要な固定費は年間3,000万円である。製品Aの単価が2万円,生産及び販売に掛かる1個当たりの変動費が5,000円であるとき,製品Aの損益分岐点における販売個数は何個か。

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

損益分岐点とは、売上と費用が同額になる売上高、つまり利益がゼロとなる売上高を指します。売上高がこの額より多いと黒字、少ないと赤字になります。
損益分岐点における売上高と固定費、変動費の間には次の関係があるのでこれに値を代入して問題を解きます。

 損益分岐点=固定費÷(1−変動費率)
 変動費率=変動費÷売上高


製品Aの単価が2万円,1個当たりの変動費が5,000円なので変動費率は、

 5000÷20000=0.25

変動費率と固定費を上記の公式に当てはめると、

 損益分岐点=3000÷(1−0.25)=4000

損益分岐点売上高は4,000万円と計算できます。製品Aの単価が2万円なので、4,000万円の売上を上げるために必要な販売個数は、

 4000÷2=2000

2000個になります。
 
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop