ITパスポート 平成26年春期 問3

問3

SOA(Service Oriented Architecture)とは,サービスの組合せでシステムを構築する考え方である。SOAを採用するメリットとして,適切なものはどれか。
  • システムの処理スピードが向上する。
  • システムのセキュリティが強化される。
  • システム利用者への教育が不要となる。
  • 柔軟性のあるシステム開発が可能となる。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » ソリューションビジネス

正解

解説

SOA(Service Oriented Architecture)は、業務上の一処理に相当するソフトウェアで実現されている機能や部品を独立したサービスとし、それらを組み合わせ連携させることで全体のシステムを構築するという設計手法、またはそのことを指す言葉です。

システムをサービスという部品の集合体で構築することで、業務環境の変化に対応したシステムの組み替えや、新しいサービス(機能)を追加を容易に行うことができるようになるため、従来のように個別に最適化されたシステムと比較して柔軟性のあるシステムとなります。

したがって適切な記述は「エ」です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop