ITパスポート 平成26年春期 問35

問35

ソフトウェアのテストで使用するブラックボックステストにおけるテストケースの作り方として,適切なものはどれか。
  • 全ての分岐が少なくとも1回は実行されるようにテストデータを選ぶ。
  • 全ての分岐条件の組合せが実行されるようにテストデータを選ぶ。
  • 全ての命令が少なくとも1回は実行されるようにテストデータを選ぶ。
  • 正常ケースやエラーケースなど,起こり得る事象を幾つかのグループに分けて,各グループが1回は実行されるようにテストデータを選ぶ。

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

ブラックボックステストは、テスト対象に様々な入力を与えて、仕様書通りの出力が得られるかを検証するテスト手法です。分岐や処理順などの内部構造が明らかでない状態で行う(プログラムをブラックボックスとして扱う)ので、ブラックボックステストと呼ばれます。

ブラックボックステストにおけるテストケース作成では、有効値,上限エラー値,下限エラー値などの有効クラスと無効クラスのグループを用意し、すべての入力で期待する結果を得られるかを検証します。

選択肢の記述では「エ」だけがブラックボックステストのテストケース作成法、その他の選択肢はプログラムの内部構造を意識したテストデータなのでホワイトボックステストのテストケース作成法です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop