ITパスポート 平成26年春期 問53

問53

DoS攻撃によってサーバが受ける直接的な被害はどれか。
  • 暗号化してあるデータが解読される。
  • 管理者用パスワードが変更される。
  • コンピュータウイルスに感染する。
  • サービスの提供が阻害される。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

DoS(Denial of Service)攻撃は、通常ではありえない数のリクエストを攻撃対象サーバに送信することで、サーバやそれが属するネットワークを過負荷状態にし、システムダウンや応答停止などの障害を引き起こさせる攻撃です。

したがって発生被害は「サービスの提供が阻害される」です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop