ITパスポート 平成27年秋期 問27

問27

企業の経営を,財務的な業績からだけでなく顧客,業務プ口セス,学習と成長といった側面から分析評価し,戦略の策定に結び付けようとする手法はどれか。

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » ビジネス戦略と目標・評価

正解

解説

BSC(Balanced Score Card)は、企業のビジョンと戦略を実現するために、「財務」「顧客」「内部ビジネスプロセス」「学習と成果」という4つの視点から業績を評価・分析する手法です。

BSCのプロセスである各視点については以下の通りです。
財務の視点
株主や従業員などの利害関係者の期待にこたえるため、企業業績として財務的に成功するためにどのように行動すべきかの指標を設定する。
顧客の視点
企業のビジョンを達成するために、顧客に対してどのように行動すべきかの指標を設定する。
内部ビジネスプロセスの視点
財務的目標の達成や顧客満足度を向上させるために、優れた業務プロセスを構築するための指標を設定する。
学習と成長の視点
企業のビジョンを達成するために組織や個人として、どのように変化(改善)し能力向上を図るかの指標を設定する。
  • 正しい。
  • Critical Success Factorの略。経営戦略やITガバナンスなどを計画的に実施する際、その目標・目的を達成する上で決定的な影響を与える要因のことで、重点的に資源を投下して取り組むべき重要な目標を意味します。"重要成功要因"とも呼ばれます。
  • Products Portfolio Managementの略。縦軸に市場成長率,横軸に市場占有率をとったマトリックス図を4つの象限に区分し、市場における製品(または事業やサービス)の位置付けを2つの観点で分類して資源配分を検討する手法です。
  • SWOTは、企業の置かれている経営環境を「Strength:強み」「Weakness:弱み」「Opportunity:機会」「Threat:脅威」に分類し、今後の戦略立案に活かす手法です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop