ITパスポート 平成27年春期 問27

問27

解を求めるのにシミュレーションを適用する例として,最も適したものはどれか。
  • PERTで示されたプロジェクトの全作業における作業ごとの作業時間と作業間の順序関係から,最短のプロジェクト期間を求める。
  • 購入累積金額,直近の購入日,購入頻度から,ダイレクトメールを送付する顧客を抽出する。
  • 商品ごとの過去10年間の年間販売実績額と今後の商圏人口変化の予測パターンから,向こう3年間の販売予測額を求める。
  • 複数の機械の平均故障発生時間間隔と平均修理所要時間,修理担当者数を算出式に入力して,平均修理待ち時間を求める。

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

シミュレーションは、模型や現実に近付けたモデルなどをコンピュータ上で模擬的に動かすことで、製品の性能・機能やそのモデルの変化を評価する方法です。一般的には現実のシステムを動かしてその挙動や結果を確かめることが極めて困難、不可能、または危険である場合に用いられます。

製品開発シミュレータや訓練用のシミュレータの他にも、「ウ」の事例のような時間の経過とともに変化するモデルに対する予測・分析の分野でも一般的に使われています。
  • クリティカルパス法が適しています。
  • RFM分析が適しています。
  • 正しい。シミュレーションが適しています。
  • 算出式によって解が得られるので模擬実験の必要はありません。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop