ITパスポート 平成27年春期 問30

問30

コーポレートガバナンスの観点から,経営の意思決定プロセスを監視・監督する機能を強化する方法として,最も適切なものはどれか。
  • 社長室への出入りを監視するためのカメラを設置する。
  • 定期的に私立探偵に経営者の素行調査を依頼する。
  • 取締役の一部を社外取締役にする。
  • 法学部出身者を内部監査部門の社員として雇用する。

分類

ストラテジ系 » 法務 » その他の法律・ガイドライン

正解

解説

コーポレートガバナンスは、企業統治とも訳され、企業の経営について利害関係者が監視・規律することで「企業の収益力の強化」と「企業の不祥事を防ぐ」という2つの目的を達成するための仕組みです。

社外取締役とは、社外にいながら取締役を務める人物のことで、経営判断を監督することを目的として選任されます。会社の代表取締役などと直接の利害関係をもたない独立した立場からの監督機能が加わることで、一部の経営者のワンマン経営や組織ぐるみの不正行為が防止されるので、コーポレートガバナンスの強化に繋がります。

したがって「ウ」が適切です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop