ITパスポート 平成28年秋期 問10

問10

受注生産方式と見込生産方式を比較した場合の受注生産方式の特徴として,適切なものはどれか。
  • 受注時点で製品の出荷はできないが,製品が過剰在庫となるリスクはない。
  • 受注予測の精度を上げて,製品の在庫量を適正に維持することが求められる。
  • 製品の在庫不足によって,受注機会を損失するリスクを伴う。
  • 製品の受注予測に基づいて立案した生産計画に従って,製品を生産する。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » エンジニアリングシステム

正解

解説

受注生産方式は、顧客からの注文を受けてから生産を開始する方式、見込生産方式は、生産開始時の計画に基づき見込み数量を生産する方式です。
  • 正しい。受注生産方式では最低限の在庫しか持たないため在庫リスクは見込み生産方式よりも小さくなります。
  • 見込生産方式の特徴です。受注生産方式では最低限の在庫しか持たないため、在庫管理のコストも見込生産方式よりも少なくて済みます。
  • 見込生産方式の特徴です。受注生産方式では在庫なしの状態が通常なので、在庫の有無によって受注機会を損失することはありません。
  • 見込生産方式の特徴です。受注生産方式では注文を受けてから生産を行うため、予め製品を生産しておくことはありません。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop