ITパスポート 平成28年秋期 問68

問68

無線LANのネットワークを識別するために使われるものはどれか。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク方式

正解

解説

ESSID(Extended Service Set Identifier)は、無線LANの規格であるIEEE802.11シリーズにおいて「混信」を避けるためにアクセスポイントと端末に設定する識別子です。
無線LANは有線LANと異なり、複数のアクセスポイントと通信が可能になってしまう「混信状態」が発生する可能性があります。これを回避するため、アクセスポイントと端末にそれぞれESSIDを設定し、ESSIDが一致する機器同士しか通信ができないようなアクセス制御が行われています。

したがって「イ」が正解です。
  • Bluetoothは、免許申請や使用登録の不要な2.4GHz帯の電波を用いて、数mから100m程度の距離の情報機器間で無線通信を行う規格です。
  • 正しい。
  • Long Term Evolutionの略。第三世代携帯電話(3G)を拡張した通信規格であり、下り最大100Mbps以上、上り最大50Mbps以上という家庭用ブロードバンドに匹敵する高速通信が可能な携帯電話用の通信規格です。
  • Wi-Fi Protected Access 2の略。無線LANにおける端末とアクセスポイント間の通信を暗号化するセキュリティプロトコルです。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop