初級シスアド 平成21年春期 問60

問60

静止画像データの圧縮方式の特徴のうち,適切なものはどれか。
  • 可逆符号化方式で圧縮したファイルのサイズは,非可逆符号化方式よりも小さくなる。
  • 可逆符号化方式では,圧縮率は伸張後の画像品質に影響しない。
  • 非可逆符号化方式では,伸張後の画像サイズが元の画像よりも小さくなる。
  • 非可逆符号化方式による圧縮では,圧縮率を変化させることはできない。

分類

テクノロジ系 » マルチメディア » マルチメディア技術

正解

解説

符号化方式の中でも圧縮後のデータから圧縮前のデータを復元できる方式を可逆符号化方式、元のデータに復元できない方式を非可逆符号化方式といいます。

同じ符号化方式の"可逆"と"不可逆"の圧縮率を比較した場合、一般に元データへの復元を無視して計算できる"不可逆"方式ほうが高くなります。
  • 逆で非可逆符号化方式の方が小さくなります。
  • 正しい。
  • 画像のサイズは変化しません。小さくなるのはデータ量です。
  • 非可逆符号化方式でも圧縮率を設定することができます。圧縮率を高くするとデータ量は小さくなりますが画像品質は悪くなります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop