ITパスポート 平成23年秋期 問64

問64

1〜4の番号をもつ四つの状態がある。四つの状態は図のようにつながれており,時計回りや反時計回りに状態を選移することができる。
64.gif/image-size:95×96
現在,状態1にいて,次の手順を2回実施した後はどの状態にいるか。

〔手順〕
今いる状態の番号を11倍し,それを3で割った余りによって次の処理を行う。
・余りが0の場合:時計回りに一つ次の状態に遷移する。
・余りが1の場合:反時計回りに一つ次の状態に選移する0
・余りが2の場合:時計回りに二つ次の状態に選移する。

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » アルゴリズム

正解

解説

状態1から手順を2回繰り返してみます。

[1回目]
 1×11=11, 11÷3=3 あまり 2
 余りが2なので、時計回りに二つ次の状態に遷移します。現在が状態1なので、二つ次の状態は3になります。

[2回目]
 3×11=33, 33÷3=0 あまり 0
 余りが0なので、時計回りに一つ次の状態に遷移します。現在が状態3なので、一つ次の状態は4になります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop