ITパスポート 平成23年特別 問21

問21

製造・販売業A社の損益分岐点売上高を下げる施策として,最も適切なものはどれか。
  • 現状と同一の設備を追加し,生産量の増加を図る。
  • 人件費の抑制と,間接部門の合理化を進める。
  • 販売価格は一定のまま,製品の販売数量増大を図る。
  • 販売数量は現状のまま,製品の販売価格を下げる。

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

損益分岐点における売上高と費用には、次の関係があります。

 損益分岐点売上高=固定費÷(1−変動費率)
 ※変動費率は、売上高に占める変動費の割合

この式からわかることは、損益分岐点売上高を下げるためには、固定費、または変動費率を下げることが必要ということです。
  • 設備を追加すると、固定費である減価償却費が増加することになります。したがって損益分岐点売上高は増加します。
  • 正しい。人件費を抑制すると、固定費(残業時間であれば変動費)を低減することができます。したがって損益分岐点売上高は下がります。
  • 固定費及び変動費に変化はないので、損益分岐点売上高も変わりません。
  • 製品の販売価格を下げると、売上高に占める変動費の割合が上昇することになり、損益分岐点売上高は増加します。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop