ITパスポート 平成24年秋期 問27

問27

流通システムや販売情報システムなどで用いられている商品コードはどれか。

分類

ストラテジ系 » 法務 » 標準化関連

正解

解説

JANコードとは、商品識別コードおよびバーコード規格で日本で最も普及しています。

コード体系には、13桁の標準タイプと8桁の短縮タイプがありタイプごとに以下の構成になっています。
13桁
 ・国コード(2桁)
 ・メーカコード(5桁)
 ・商品コード(5桁)
 ・チェックディジット(1桁)
または、
 ・国コード(2桁)
 ・メーカコード(7桁)
 ・商品コード(3桁)
 ・チェックディジット(1桁)
8桁
 ・国コード(2桁)
 ・メーカコード(4桁)
 ・商品コード(1桁)
 ・チェックディジット(1桁)
以上のようJANコードには、製造した企業(メーカー)とその商品の組合せの情報が含まれていて、最後の1桁は光学式読取機の読みとり誤りを検出するためのチェックディジットとなっています。
27.gif/image-size:300×186
  • American standard code for information interchangeの略。7ビットで表現できるビット列に英字や記号・制御文字などを割り当てた文字コードです。
  • Extended Unix Codeの略。UNIX上での多言語対応として制定された文字コードです。
  • 正しい。
  • Japanese Industrial Standardsの略で日本工業規格のことです。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop