ITパスポート 平成26年春期 問45

問45

情報システムの安全性を維持・保全するための施策のうち,情報システム設備の施策に該当するものはどれか。
  • 自家発電装置を設置する。
  • データのバックアップを取得する。
  • 定時に自動的にコンピュータが起動する機能を設ける。
  • ネットワークを流れるデータを暗号化する。

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » ファシリティマネジメント

正解

解説

設問で求められているのは、コンピュータやネットワークなどの情報システム設備の安全性を維持・保全するための施策なので、電源や回線の冗長化、バックアップ環境の整備、電源、空調設備、建物などのアクセス管理などの施策が該当します。

具体的には、システムが設置されている施設に対して次のようなものを設置することで設備の安全性を確保します。
  • 免振装置や適切な防火設備を設置し災害に備える
  • UPSや自家発電設備,サージ防護を設置し停電に備える
  • 持ち出し可能な情報機器にセキュリティワイヤを取付け盗難に備える
  • 空調設備を備えた部屋に情報システム設備を設置する
選択肢中、設備の安全性を高める施策は「ア」のみです。その他はデータの安全性を高める施策になります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop