ITパスポート 平成27年秋期 問19

問19

コーポレートガバナンスを強化するための施策として,最も適切なものはどれか。
  • 業務の執行を行う執行役が,取締役の職務の適否を監査する。
  • 社外取締役の過半数に,親会社や取引先の関係者を登用する。
  • 独立性の高い社外取締役を登用する。
  • 取締役会が経営の監督と業務執行を一元的に行って内部統制を図る。

分類

ストラテジ系 » 法務 » その他の法律・ガイドライン

正解

解説

コーポレートガバナンス(Corporate Governance)は、企業統治とも訳され、企業の経営について利害関係者が監視・規律することで「企業の収益力の強化」と「企業の不祥事を防ぐ」という2つの目的を達成するための組織内に組み込まれる仕組みです。
  • 内部者により行われる監査は客観性にかけ不正の発見がしにくくなります。選任された監査役、または外部の監査人によって監査を実施することがコーポレートガバナンスの強化に繋がります。
  • 親会社や取引先の関係者はその企業との関連が強いため社外取締役としての独立性に欠けます。
  • 正しい。独立性の高い立場の人を社内に登用し、客観的な意見を取り入れることで健全な経営に繋がります。
  • 取締役会に権限が集中し不正が生じやすくなるため誤りです。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop