ITパスポート 平成27年秋期 問32

問32

プロジェクトを進めるためのチーム編成の方法には,作業場所を一か所に集約して全員が集まる方法,作業場所を集約せずにWeb会議やインスタントメッセンジャなどで連絡を取り合う方法などがある。技術者が限られている特殊なプログラム言語を採用したシステム開発プロジェクトの遂行において,作業場所を一か所に集約する方法と比較して,集約しない方法の利点のうち,最も適切なものはどれか。
  • 対象技術者が育児中,海外駐在中などのメンバであっても参画させやすい。
  • チームメンバ間で対面での簡単な打合せが実施しやすい。
  • プロジェクトのリスクを特定することができる。
  • プロジェクトマネージャを参画させることができる。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

各自が在宅などの勤務先以外のオフィススペースで仕事を行い、勤務先との連絡はインターネットなどの通信でとる勤務スタイルをテレワーク在宅勤務といいます。
この勤務形態では時間や場所の制約を受けずに柔軟に働くことができる利点があります。
  • 正しい。対象技術者が一定の作業場所に出向くことが困難な状況にあってもプロジェクトメンバとして参画させることができます。
  • 対面での打ち合わせ機会は減るため誤りです。
  • リスクの特定とは関係ありません。
  • プロジェクトマネージャはどちらの方法でもプロジェクトに参画するため誤りです。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop