ITパスポート 平成27年秋期 問88

【問85〜88は中問形式の出題です。中問Aの問題文を読んでから回答してください。】

問88

相関係数は,一方が高くなれば他方も高くなるといった関連性がある場合には1以下の正の数で示され,1に近いほど関連性が強い。したがって,図1のアンケート集計表の相関係数が大きい質問項目ほど,総合評価に与える影響が強いと考えられる。また,アンケート集計表の評価平均では,各質問項目に対する顧客の現在の満足度を判断できる。そこで,相関係数と評価平均を判断材料として,顧客の総合的な満足度を向上させるために改善すべき点を検討することを目的に,図3のグラフを作成した。
 図3のグラフでは,相関係数を横軸,評価平均を縦軸とする座標で,アンケート集計表の質問項目1〜5の位置を示している。また,相関係数は0.5を,評価平均は3.0を基準値とする線で四つの領域に区分し,質問項目1〜5が位置する領域によって改善の優先度を判断することにした。図3を分析した内容として適切なものはどれか。
88.gif/image-size:308×300
  • 案内・パンフレットは,評価平均が低く,総合評価との関連性が弱い領域にあるので,最優先で改善すべきである。
  • 技術・仕上がりは,評価平均が高く,総合評価との関連性が強い領域にあるので,最優先で改善する必要はない。
  • 接客・サービスは,評価平均が高く,総合評価との関連性が弱い領域にあるので,現状維持でよい。
  • 店舗は,評価平均が低く,総合評価との関連性が強い領域にあるので,最優先で改善すべきである。

分類

ストラテジ系

正解

解説

図1の表の値から図3にプロットされた各点は以下の評価項目に該当していることがわかります。
88a.gif/image-size:429×397
  • 案内・パンフレットは評価点が低いものの、総合評価との相関性は低いため、総合評価を高めるために最優先すべきとはいえません。
  • 技術・仕上がりは評価点:高、相関性:弱の領域にあるため記述は誤りです。
  • 接客・サービスは評価点:高、相関性:強の領域にあるため記述は誤りです。
  • 正しい。店舗は、総合評価との相関性が強いにも関わらず評価が低くなっているので、総合評価を高めるために最優先で改善すべき項目といえます。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop