ITパスポート 平成28年春期 問46

問46

過去の類似プロジェクトのコスト実績を用いて,新たに開始するプロジェクトのコストを類推し見積もった。このようなコスト見積り方法の特徴はどれか。
  • 詳細情報から積み上げる見積り方法より作業負荷が大きい。
  • プロジェクトの初期より後期の段階で活用されることが多い。
  • 他の見積り方法より正確なコスト見積り結果が期待できる。
  • 他の見積り方法より見積りに要する費用は少ないが,正確さでは劣る。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

類推見積法は、過去に経験した類似のシステムについての実績データを基にして、システムの相違点を調べ、同じ部分については過去のデータを使い、異なった部分は経験から規模と工数を見積もる方法です。低コストで簡単に見積もることができ、システムの詳細機能が固まる前の初期段階から適用可能ですが、担当者の能力によって見積り結果のバラつきが生じやすい特徴があります。
  • 積み上げ法は、システムの機能をモジュール単位に分割した後、モジュールごとの工数を割り出し、それを足し合わせて全体の工数とする方法です。類推法は積み上げ法よりも低コストで見積りが可能です。
  • システムの詳細機能が確定する前の初期段階で活用されます。
  • 類推法は、見積り担当者の勘や経験によって結果が左右されるため客観性や正確性に欠けます。
  • 正しい。簡単に見積もることができるためコストは少なくて済みますが、担当者の経験の差によって結果に差が出やすい特徴があります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop