HOME»ITパスポート 用語辞典»ファンクションポイント法

ITパスポート試験 用語辞典

ファンクションポイント法
ソフトウェアの見積りにおいて、外部入出力や内部ファイルの数と難易度の高さから論理的にファンクションポイント(FP)を算出し、開発規模を見積もる手法。
分野:
マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術
出題歴:
21年春期問41 25年春期問48 
重要度:

(Wikipedia ファンクションポイント法より)

ファンクションポイント法(ファンクションポイントほう、英: function point method)とは、1979年にIBMのアレン・J・アルブレヒト(A.J.Albrecht)が考案したソフトウェアの規模を測定する手法の1つ。ソフトウェアがもつ機能数や複雑さによって重みづけした点数(ファンクションポイント:FP)を付け、そのソフトウェアにおける合計点数から開発工数を見積もる。米国International Function Point Users Group(IFPUG)によってマニュアルが策定された。

プログラミング言語に依存しない、開発する機能数を測るためユーザー側から見てもわかりやすい等の利点がある。

出題例

ファンクションポイント法の説明はどれか。
  • 外部入力や外部出力などの機能の数と難易度を基に開発規模を見積もる。
  • 過去の類似プロジェクトの実績を基に開発規模を見積もる。
  • ソフトウェアのソースコードの行数を基に工数を見積もる。
  • プロジェクトの作業を最も詳細な作業に分割してそれぞれの工数を見積もり,集計することによって全体の工数を見積もる。

正解

「システム開発技術」に属する用語
「マネジメント系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「ファンクションポイント法」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop