ITパスポート 平成22年秋期 問9

問9

物流や販売などの部門ごとに散在していた,過去から現在までの全社のデータを統合して管理することによって,経営戦略の立案に役立てる仕組みはどれか。
  • データウェアハウス
  • データ中心アプローチ
  • データマイニング
  • データモデリング

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » システム活用促進・評価

正解

解説

データウェアハウスとは、企業内に散らばっているデータの有効活用を目的に、過去から現在までの基幹系データベースや外部データベースを統合し効果的な戦略的意思決定を支援するためのデータベースのことです。
  • 正しい。
  • 対象業務のモデル化を行うときに、データが最も安定した情報資源であることに着目し、データ側からシステムの設計を行う手法です。
  • データウェアハウスに蓄積されている大量の生データから、データの規則や因果関係を見つけ出す手法です。
  • E-R図やUMLを用いて、データを構造化し組織化して表現することです。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop