ITパスポート 平成28年秋期 問48

問48

プロジェクトの目的を達成するために,プロジェクトで作成する必要のある成果物と,成果物を作成するために必要な作業を細分化した。この活動はプロジェクトマネジメントのどの知識エリアの活動か。
  • プロジェクトコストマネジメント
  • プロジェクトスコープマネジメント
  • プロジェクトタイムマネジメント
  • プロジェクトリスクマネジメント

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

プロジェクトスコープマネジメントは、プロジェクトの実施範囲(スコープ)を定義し、成果物単位でプロジェクト全体を階層的に要素分解したWBSの作成などを行う管理プロセスです。プロジェクトの遂行に必要な作業を過不足なく含めることを目的としています。

設問中の「成果物を作成するために必要な作業を細分化した」という記述より、スコープマネジメントと判断できます。したがって「イ」が正解です。
  • プロジェクトコストマネジメントは、プロジェクトのコストを見積り、当初の予算と進捗状況から費用が予算内に収まるように管理を行うプロセスです。
  • 正しい。
  • プロジェクトタイムマネジメントは、プロジェクトのスケジュールを作成し、進捗状況や変更要求に応じてスケジュールの調整を行う管理プロセスです。
  • プロジェクトリスクマネジメントは、プロジェクトのリスクを識別し、対策案を検討するなどしてリスクの修正を行う管理プロセスです。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop