ITパスポート試験 用語辞典

共通フレームきょうつうふれーむ
ソフトウェア開発とその取引の適正化に向けて、それらのベースとなる作業項目を一つひとつを定義し標準化したもので、ソフトウェア産業界においての「共通の物差し」となることを目的として策定された規格。
共通フレームは「業務分析、業務設計、ソフトウェアを中心としたシステムの企画〜開発・保守及び関連する諸活動」を定義の対象としている。ソフトウェア取引における作業項目とその範囲・用語等を標準化することで「取引の明確化」「国際取引への対応」などの効果が期待されている。
別名:
Software Life Cycle Process
分野:
マネジメント系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法
出題歴:
22年春期問37 25年春期問40 
重要度:

(Wikipedia 共通フレームより)

共通フレーム(きょうつうフレーム、正式名称:ソフトウェアを中心としたシステムの取引に関する共通フレーム)とはシステム開発におけるガイドラインであり、1994年3月に情報サービス産業協会と日本電子工業振興協会、日本情報システム・ユーザー協会及び日本規格協会が共同で策定した共通フレーム94を母体として、現在の共通フレーム2007との総称である。

このガイドラインはシステム開発を委託する際などに、発注側と受注側の間に誤解が生じないように、「汎用的な用語や各工程の内容(分類)については統一した方がよい」という考え方で制定されたものである。

日本における共通フレーム

日本における共通フレームの規格にはISO/IEC 12207に日本独自のアレンジを加えた共通フレーム2007がある。

出題例

ソフトウェア開発とその取引の適正化に向けて,それらのベースとなる作業項目を一つ一つ定義し,標準化したものはどれか。
  • SLCP
  • WBS
  • オブジェクト指向
  • データ中心アプローチ

正解

「開発プロセス・手法」に属する用語
「マネジメント系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「共通フレーム」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop